タイ最大級のスラム街で子ども達と遊んだ日

海外協力隊

先日、バンコクにあるクロントゥーイスラムを再び訪れた。

今回は子供たちに日本の文化「けん玉」を伝えるために行った。

いつだって子どもはピュアなんだ

スラム街というイメージをどう持つだろうか?

怖い?汚い?貧しい?

いろいろなイメージを持つかもしれないが、百聞は一見に如かずである。

ぜひ機会があればいろいろと世界を見てもらいたい。

自分の想像が正しいか間違っているか、それ以外にも実際に行くことで、触れ合うことで感じることはたくさんある。

このクロントゥーイ地区は、シーカーアジア財団という日本からの団体が支援を行っている地域である。

私が実際、この地区の子ども達と触れ合って感じたのは、子どもの笑顔はどの国でも、どこに住んでいても一緒という事である。

もちろん、ただの1時間ですべてを知った気になってはいけない。

そこには自分の知らない闇が隠れているはずであるから。

しかし、表面上でも自分と関わった子ども達が笑顔で、そして日本人に興味を持ち、一緒に遊ぶことを楽しむことができて良かったと感じる。

けん玉で楽しんでもらう!のが目的だったが、子どもの興味なんてものの10分で、すぐに飽きてしまう子もいた。

私は、ウクレレを持参してきたのだが、それに興味を示す子もいて、良い時間を過ごせたと思う。

聞けば、その興味がある子はギターを持っているそう。

スラムと言えども、興味関心が持てる遊び道具、楽器などは一通り持っている家もあるのだ。

ただ単に「貧しい」からスラムで生活しているわけではない。

親の仕事がスラム内にあったり、スラムから近くにあったり。

ちゃんと収入を得ているものの、スラムの方が家賃が安いから住んでいる人だったり。

まだ、表面しか知らないので、「他の地域と変わらないなぁ」という目線で記しているが、もっと深く知るとまた違う感想を持つかもしれない。

スラムには、ミャンマー、ラオス、カンボジアなどタイ国外からの移民も住んでいる。

スラム内には、そのクロントゥーイ地域の人しか入れない学校もある。

話を聞くと根深い差別も見られるようである。

ただこの日は、子ども達の笑顔で癒された日、充実した日であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました