タイ文字は難しい?これからタイ語の勉強を始める人へ伝えたいコト

勉強方法の基礎

タイ語勉強初心者からタイ文字は覚えるべき

様々な目的でタイ語を勉強している方いると思いますが、タイ語勉強の「壁」タイ文字って覚えるの難しいと思いませんか?

私が教わった経験のあるタイ人講師にこう言われました。

もし今後タイ語を継続的に学ぶなら最初にタイ文字を覚えておいた方がいい!

実はタイ文字ってそんなに難しくないと思えたら、もうタイ文字マスターです。

この記事のメリット
  • タイ語の勉強にはタイ文字を覚える必要があることが解る
  • タイ文字を勉強してみようと思う

タイ文字は難しくない

タイ文字を覚えた方がいい理由、結論から言うと、様々な面でタイでの旅行や生活での楽しさが格段に上がり、大変さが少なくなるためです。

また、タイ語を勉強継続していく上で、その後の勉強のしやすさが違ってきます。

タイ文字を「書ける」ことももちろん必要ですが、最初はタイ文字を「読める」ことが重要だと、タイ人講師から学びました。

では、タイ文字がなぜ難しいと感じるのでしょうか。

สวัสดีครับ

それは、このように日本人にとってなじみのない、見たこともない文字だからです。

例えば、私たちが義務教育の中で学んできたアルファベットを使用する言語は、英語をはじめ、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、インドネシア語、マレー語、ベトナム語・・・というようにたくさんあります。

ただ、このタイ文字を最初見て読める気がしない!というのが、敬遠しがちな要因であると思います。

実際私がそうでした。

くんけん
くんけん

文字読めない、難しそうだから音声記号でタイ語を読めるようになろう

ただ、私の場合、海外ボランティアとして後にタイで生活するという必要に迫られ、いつかはタイ文字に取り組まなければいけませんでした。

実際に、タイ文字に取り組んだ結果2週間で覚えられることが解りました。

本気で取り組めば、思ったよりタイ文字は難しくない!というのが私の印象です。

タイ文字を覚える方法 文字の形を好きになる

かわいらしいタイ文字

タイ文字を勉強していく中でタイ文字がかわいらしく見えてくる、というのは結構多くの人が思うことではないでしょうか。

私は実際、何人かと一緒にタイ語を勉強してきたわけですが、その中で「自分の好きな文字」を伝えあったりしていました。

ちなみに、私の好きな文字は、(ゴーカイ)です。

タイ文字を勉強しようと思えば一番最初に出てくる文字ですよね。

これを見ると、ペンギンに見えてきて・・・という安直な理由です。

かまぺん

自分でキャラクターを作るほどペンギンが好きだったという。

これは私の感覚ですが、新しい文字を覚えるには、その形自体を好きになることが早い気がします。

好きな文字は読みやすい

好きな文字が出てくると読めるというのもあります。

特に、タイ文字には似たものが多くあります。

ゴーカイの(ゴー) ポーサムパォの(ポー) トートゥンの(トー)

などもその一つです。

詳しくはコーカイ表で紹介しています。

この中で、私は好きなが入った単語は、他のものと比べ間違えにくいという持論ができました。

勉強していくと、その感覚が理解できるでしょう。

初心者がまず目指すタイ文字の覚え方

タイ文字の覚え方についてですが、私が実践していたのは、なんといっても書くことです。

タイ文字の書き方が難しいと思う時は、こちら《タイ文字の書き方の法則》を参考にしてください。

書くのと合わせて、発音をつぶやきながらという方がいいと思います。

最初から単語を書いていくのはハードルが高いです。

「子音」「母音」「声調」「数字」とものもたくさんありますし、まずは一文字一文字の書き方と発音を理解することが重要だと思います。

私の初期ノート

最初は、書き順に悩まされ、きれいに書けないことも多々ありました。それを乗り越えるのも反復練習だなぁと実感します。

独学だとなかなか勉強がはかどらないという方は、背中を押してくれてタイ文字の勉強がしやすい本での勉強もいいかもしれません。

タイ文字の練習に特化した教本はそれほど数は多くありませんが、『挫折しないタイ文字レッスン(マリンのタイ語生活)』は初心者からでもタイ文字を学びやすい一冊です。

絵柄で解りやすい中身で、書く練習だけではなく、発音もかなり細かく1字ずつ学べます。

これ一冊で文法や単語を網羅した勉強とまではいきませんが、タイ文字の入門としてはすごく使いやすいと思います。

まとめ

外国語を勉強する一番の目的の大半は、コミュニケーションをとることであると思います。

しかし、タイ文字を覚えることで、例えばタイで見る看板が読めるだけでも旅行や生活がだいぶ楽しくなるでしょう。

อันตราย

極端に言うとこの「危険」という文字が読めるだけでも、危機回避になるかもしれませんよね。

もちろん、タイ文字が読めずとも不自由なくタイで生活できている方はいるようですが。

それでも、タイ語を勉強する意欲を持った方には、タイ文字の勉強を早めにすることをお勧めします。

タイ文字を早く覚えておいたほうが音声記号だけで学ぶより、そのあとの勉強しやすさにも違いがあります。

【タイ文字を覚えるメリットまとめ】

  • 文字が読めるとタイ生活の楽しさ倍増
  • タイ生活での危機回避
  • その語の勉強がしやすい

改めて言うと、タイ文字を「書ける」ことももちろん必要ですが、最初は「読める」ことが必要

また、語学の勉強は、語学習得のみならず、その国の環境や文化などさまざまな興味関心が生まれることも魅力です。

独学でもできることはありますが、こういったものはやはりタイ人や長くタイに住んだ経験のある日本人の講師などから学ぶほうがいいことがたくさんあると思います。

オンラインレッスンなどもおすすめです。

タイ語への興味が将来の糧になることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました